スポンサード リンク

コラーゲンドリンクの注意点

コラーゲンは肌に関連する効果だけでなく、骨を丈夫にしたり髪を丈夫にしたり関節の痛みを改善したりといった効果があると一般的に言われているわけですが、実際のところ、コラーゲンの効果は科学的に十分な証明がされている事実ではないんだそうです。マイナスイオンなどと同じ疑似科学とされているようですね。

これに関してはちょっと驚きでした。コラーゲンは世間的にすっかり体に良い成分であると浸透しているものでしたので。やはりコラーゲン入りのサプリメントや化粧品がコラーゲンドリンク増えてきたことや、メディアが過剰に報道したのが大きく影響してるんでしょうか。といったわけで、サプリメントやコラーゲンドリンクなども過剰に効果を宣伝しているものが多いのが現状です。保湿成分は確かなようで化粧品などにはよく使われてるらしいのですが、℃の成分も過剰に期待するのは注意が必要って事ですね。

また、よくテレビなどでコラーゲンが含まれていることを目玉とした料理が出てきたりしますけど、動物性コラーゲンの分解温度は40度なんですね。だから、通常加熱調理するとコラーゲンというのはほとんど壊れてしまってないわけです。だからとんこつラーメンだとかスープ系の料理から摂取できるコラーゲンの栄養価値はほとんどないそうです。
posted by コラーゲンドリンク at 14:17 | コラーゲンドリンク

コラーゲンドリンクとは?

コラーゲンは我々の肌をきれいに保つだけでなく、化粧品、医薬品など
幅広く用いられるなくてはならない存在のものですよね。

コラーゲン (Collagen) は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全蛋白質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。

しかし、コラーゲンを食事から摂取するとなると、カロリーが高いものが多く多量に摂取するのは困難ですし、またコラーゲンはタンパク質の一種なのですがアミノ酸組織が偏っていて単体での栄養学的価値は低いんですね。また、コラーゲンは独特の癖のある味とにおいがありますので苦手な人もいるかもしれません。

フカヒレやツバメの巣、または豚足なんかを毎日食べるわけにもいきませんからね。そこで活躍するのがコラーゲンドリンク。コラーゲンドリンクはもちろんコラーゲンを含む飲料なんですが、コラーゲンだけでなく他の栄養もバランスよく含まれています。またコラーゲンドリンクは、ドリンクタイプということで毎日飲むのも楽ですし、味も飲みやすいように調整されていますね。
posted by コラーゲンドリンク at 17:28 | コラーゲンドリンク

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。